今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方
  5. 参考文献リストの作成 - thebibliography, bibitem

ページ形式 - pagestyle, thispagestyle

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) のページ形式の指定方法を紹介します。

ページ形式(pagestyle)

ページ形式とは、ページのヘッダーとフッターに表示される情報のことです。具体的には「ページ番号」「章節の番号と見出し」ですね。

ページ形式はプリアンブルにpagestyleコマンドを使って、指定します。

\pagestyle{ページ形式}

ページ形式には次の4つがあります。

ページ形式
emptyヘッダーとフッターに何も表示しません。» ページ番号を消す
plainヘッダーには何も表示せずに、フッターの中央にページ番号を表示します。
headingsフッターに何も表示せずに、ヘッダーにページ番号と章節の番号と見出しを表示します。
myheadingsフッターに何も表示せずに、ヘッダーにページ番号のみを表示します。markrightコマンドと markbothコマンドを併用して、好みの情報をヘッダーに表示することができます。» ヘッダー情報の編集

特定ページのページ形式(thispagestyle)

特定ページのページ形式は thispagestyleコマンドを使います。

\thispagestyle{ページ形式}

このコマンドは該当ページの本文内で、指定します。

使用例

それでは実際に pagestyleコマンドを使ってみましょう(ここではページ形式「plain」を指定)。

\(\LaTeX\) のサンプル

\documentclass[a5j]{jbook}

% ページ形式(プリアンブル)
\pagestyle{plain}

% 本文
\begin{document}

\chapter{章の名前}
\section{節の名前}

\end{document}

出力

pagestyle-thispagestyle-01

このようにページ形式「plain」を指定しているので、ページ番号がフッターに表示されます。

関連記事(一部広告含む)