今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方
  5. 参考文献リストの作成 - thebibliography, bibitem

文字に色をつける - color, textcolor

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) の文字に色をつける方法を紹介します。

文字に色をつけるには、colorコマンド、あるいは textcolorコマンドを使います。

文字に色をつける(color)

colorコマンドの使い方をみていきます。このコマンドを使う場合は colorパッケージの読み込みが必要です。プリアンブルで読み込みましょう。

\usepackage{color}

colorコマンドで文字の色を指定すると、それ以降の文字が指定した色になります。

\color{文字の色}

指定できる文字の色は「red」「blue」「green」「yellow」「magenta」「white」「black」の7色です。

color-textcolor-01

文字の色はこんな感じです。「whiteの文字」は背景と同じなのでよくみえないですね。

使用例

それでは実際に colorコマンドを使って文字に色づけしてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

\documentclass[a5j]{jarticle}

% パッケージの読み込み
\usepackage{color}

% 本文
\begin{document}

文字に\color{red}色\color{black}をつけるにはcolorコマンドを使います。数式にも色づけ$\color{blue}x=y$\color{black}することができます。

\end{document}

出力

color-textcolor-02

このように colorコマンドを使って色を指定すると、それ以降の文字が指定した色に変わります。

文字に色をつける(textcolor)

次は textcolorコマンドの使い方をみていきます。このコマンドも colorパッケージの読み込みが必要です。

\usepackage{color}

textcolorコマンドでは、「文字の色」とその色にする「文字」を指定します。

\textcolor{文字の色}{文字}

指定できる文字の色は「red」「blue」「green」「yellow」「magenta」「white」「black」の7色です。

使用例

それでは実際に textcolorコマンドを使って文字に色づけしてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

\documentclass[a5j]{jarticle}

% パッケージの読み込み
\usepackage{color}

% 本文
\begin{document}

文字に\textcolor{red}{色}をつけるにはtextcolorコマンドを使います。数式にも色づけ$\textcolor{blue}{x=y}$することができます。

\end{document}

出力

color-textcolor-03

このように textcolorコマンドでは「文字の色」と「色づけする文字」を指定します。その他の文字はデフォルトの黒字になります。

関連記事(一部広告含む)