プリアンブル

スポンサーリンク

ここでは LaTeX 文書のプリアンブルをみていきます。

プリアンブル

プリアンブルとは \documentclass{…} と \begin{document} の間の部分のことです。

\documentclass[オプション]{文書クラス}
プリアンブル
\begin{document}
LaTeX 本文
\end{document}

プリアンブルでは、「ページのレイアウト」や「パッケージの読み込み」を指定します。

ページのレイアウト

たとえば、ページのマージンは次のように指定します。

\documentclass{jsarticle}
\topmargin = 10mm
\begin{document}
LaTeX 本文
\end{document}

プリアンブルは

\topmargin = 10mm

この部分ですね。

パッケージの読み込み

たとえば、複雑な数式を利用する場合は AMS(American Mathematical Society、米国数学会)の AMSFonts を読み込むために次のようにパッケージを指定します。

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{amsmath}
\begin{document}
LaTeX 本文
\end{document}

プリアンブルは

\usepackage{amsmath}

この部分ですね。

このようにプリアンブルでは 文書クラスやオプションで設定できない項目を設定します。

関連記事(一部広告含む)