今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 行列と行列式 - matri, pmatrix, bmatrix
  3. 空白 - 水平方向のスペース - quad, hspace
  4. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  5. Windows - TeX Live - TeXworks を使ってみよう

文書クラス(種類)とオプション - documentclass

スポンサーリンク

ここでは LaTeX の文書クラス(ドキュメントクラス)と文章クラスのオプションをみていきます。

文書クラス

文書クラスとは、LaTeX の1行目に記述する「文章の種類」を指定する構文で、次のように記述します。

\documentclass[オプション]{文書クラス}

オプションは角括弧[]で、文書クラスは波括弧{}で囲みます。

たとえば

\documentclass[12pt]{jarticle}

このように指定します。これは文書クラスが jarticle で、オプションの文字トサイズ 10pt という意味になります。

また、文書クラスのオプションは次のようにカンマ「,」で区切って、複数指定することもできます。

\documentclass[12pt,b4paper]{jarticle}

文章クラスの種類

それでは、どうのような文書クラスの種類があるかをみてみましょう。

欧文和文和文(新)和文(縦書き)
論文articlejarticlejsarticletarticle
bookjbookjsbooktbook
報告書reportjreport-treport

欧文や和文のさまざまな文章が用意されています。

文章クラスのオプション

次は、どうのような文書クラスのオプションがあるかをみてみましょう。

オプション概要
10pt
11pt
12pt
文字サイズを10ポイントに(デフォルト)
文字サイズを11ポイントに
文字サイズを12ポイントに
a4paper
a5paper
b4paper
b5paper
用紙サイズを A4 サイズに(デフォルト)††
用紙サイズを A5 サイズに
用紙サイズを B4 サイズに
用紙サイズを B5 サイズに
onecolumn
twocolumn
文章を1段組に(デフォルト)
文章を2段組に
oneside
twoside
奇数/偶数ページを同じレイアウトに(articleとreportでのデフォルト)
奇数/偶数ページを異なるレイアウトに(bookでのデフォルト)
fleqn数式を左寄せ出力に(デフォルトは中央寄せ)
leqno数式番号を左寄せ出力に(デフォルトは右寄せ)
landscape用紙の向きを横長に

jsarticle、jsbookでは9pt、10pt、11pt、12pt、14pt、17pt、21pt、25pt、30pt、36pt、43ptを指定することができます。

関連記事(一部広告含む)