今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方
  5. 参考文献リストの作成 - thebibliography, bibitem

文字の拡大・縮小 - scalebox, resizebox

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) の文字を拡大・縮小する方法を紹介します。

文字の倍率を指定して拡大・縮小する「scalebox」と長さを指定して拡大・縮小する「resizebox」をひとつずつみていきます。

どちらとも graphics パッケージを使います。

文字の拡大・縮小 - scalebox

コマンド scalebox で、文字を拡大・縮小します。scalebox は拡大/縮小する文字を倍率で指定します。

幅と高さを同じ倍率で拡大・縮小する場合。

\scalebox{倍率(幅と高さ)}{拡大・縮小する文字}

幅と高さを異なる倍率で拡大・縮小する場合。

\scalebox{幅の倍率}[高さの倍率]{拡大・縮小する文字}

使用例

それでは「文字の拡大・縮小 - scalebox」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{graphics}
\begin{document}
ABC\scalebox{2}{DEF}GHI

ABC\scalebox{0.5}{DEF}GHI

ABC\scalebox{2}[1.2]{DEF}GHI

ABC\scalebox{0.5}[2]{DEF}GHI
\end{document}

出力

scalebox

文字の拡大・縮小 - resizebox

コマンド resizebox で、文字を拡大・縮小します。resizebox は拡大/縮小する文字を長さで指定します。

\scalebox{幅の長さ}[高さの長さ]{拡大・縮小する文字}

幅・高さの長さのどちらかに「!」を指定すると、もう一方と比例した長さで文字を拡大・縮小します。

使用例

それでは「文字の拡大・縮小 -resizebox」の使用例をみてみましょう。

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{graphics}
\begin{document}
ABC\resizebox{20pt}{12pt}{DEF}GHI

ABC\resizebox{1.5cm}{1cm}{DEF}GHI

ABC\resizebox{2cm}{!}{DEF}GHI

ABC\resizebox{!}{0.5cm}{DEF}GHI
\end{document}

出力

resizebox

関連記事(一部広告含む)