よく読まれている記事

  1. 台形の面積の公式
  2. 三角形の面積の公式
  3. ひし形の面積の公式
  4. 長方形の面積の公式
  5. 円の面積の公式

円の面積の公式

スポンサーリンク

area-circle-01

円の面積 \(=\) 半径 \(\times\) 半径 \(\times\) 円周率

それでは「円の面積の公式」を使った「練習問題」を解いてみましょう。

  1. 練習問題①

    半径が 2(cm)の円の面積を求めてください。ただし円周率を 3.14とします。

  2. 練習問題②

    半径が 3.2(cm)の円の面積を求めてください。ただし円周率を 3.14とします。

  3. 練習問題③

    面積が 113.04(cm2)の円の半径を求めてください。ただし円周率を 3.14とします。

練習問題①

area-circle-02

半径が 2(cm)の円の面積を求めてください。ただし円周率を 3.14とします。

円の面積を求める公式は

円の面積 \(=\) 半径 \(\times\) 半径 \(\times\) 円周率

なので、円の面積を \(S\) とすると

\[ \begin{aligned} S \: &= 2 \times 2 \times 3.14 \\ &= 12.56 \:(cm^2) \end{aligned} \]

になります。

練習問題②

area-circle-03

半径が 3.2(cm)の円の面積を求めてください。ただし円周率を 3.14とします。

円の面積を求める公式は

円の面積 \(=\) 半径 \(\times\) 半径 \(\times\) 円周率

なので、円の面積を \(S\) とすると

\[ \begin{aligned} S \: &= 3.2 \times 3.2 \times 3.14 \\ &= 32.1536 \:(cm^2) \end{aligned} \]

になります。

練習問題③

面積が 113.04(cm2)の円の半径を求めてください。ただし円周率を 3.14とします。

円の面積を求める公式は

円の面積 \(=\) 半径 \(\times\) 半径 \(\times\) 円周率

なので、半径を \(x\) とすると

\[ \begin{aligned} 113.04 \: &= x \times x \times 3.14 \\ x \times x \: &= 113.04 \div 3.14 \\ x \times x \: &= 36 \\ x \: &= 6 \:(cm) \end{aligned} \]

になります。

関連記事(一部広告含む)