今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. ベクトル - vec, bm, hat
  5. SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方

文書モードの表 - tabbing

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) の文書モードで表を出力する方法を紹介します。

表(tabbing)

tabbing環境を使って、文書モードで表を出力するコマンドは次の通りです。

コマンド出力
\begin{tabbing}
0 \= 000 \= 00 \kill
1 \> 222 \> 3 \\
4 \> 55 \> 6 \\
7 \> 8 \> 99
\end{tabbing}
tabbing-01
  • 1行目は列の数とそれぞれの列の幅を決めるだけの行で出力されません。
    列間には「\=」を、行末には「\kill」を指定します。
  • 2行目以降が出力されます。
    列間には「\>」を、行末には改行「\\」を指定します。

使用例

それでは実際に表を出力してみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

\documentclass[a5j]{jsarticle}
\begin{document}

\begin{tabbing}
00000 \= 00000 \= 00000 \= 00000 \kill
11111 \> 2 \> 33333 \> 4 \\
1111 \> 22 \> 3333 \> 44 \\
111 \> 222 \> 333 \> 444 \\
11 \> 2222 \> 33 \> 4444 \\
1 \> 22222 \> 3 \> 44444
\end{tabbing}

\end{document}

出力

tabbing-02

関連記事(一部広告含む)