今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  3. 背景に色をつける - colorbox
  4. 文書クラス(種類)とオプション - documentclass
  5. 通し番号付きの箇条書き - enumerate

SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方

スポンサーリンク

ここでは\(\LaTeX\)で SI単位(国際単位系)を出力する siunitxパッケージの使い方を紹介します。

siunitxパッケージの使い方

まずは、siunitxパッケージをプリアンブルで読み込みましょう。

\usepackage{siunitx}

コマンドは siコマンド と 大文字の SIコマンドの2つがあります。

si、SIコマンド

単位のみの場合は siコマンドを使います。

\si{単位}
\si[オプション]{単位}

単位と数値を合わせて表示する場合は SIコマンドを使います。

\SI{単位}
\SI[オプション]{数値}{単位}
siコマンド出力
\si{kg.m.s^{-2}}siunitx-package-01
\si{\kilogram \metre \per \square \second}siunitx-package-02
\si{kg.m/s^{2}}siunitx-package-03
\si[per-mode=symbol]{\kilogram \metre \per \square \second}siunitx-package-04

このようにテキスト(kgとか)をそのまま出力する方法とマクロ(\kilogramとか)を使う方法があります。

数値と単位を合わせて表示する場合は大文字の SIコマンドを使います。

SIコマンド出力
\SI{3.14}{kg.m.s^{-2}}siunitx-package-11
\SI{3.14}{\kilogram \metre \per \square \second}siunitx-package-12
\SI{3.14}{kg.m/s^{2}}siunitx-package-13
\SI[per-mode=symbol]{3.14}{\kilogram \metre \per \square \second}siunitx-package-14

オプション

「per-mode」のオプションです。

コマンド出力
\si{\metre \per \second}siunitx-package-05
\si[per-mode=symbol]{\metre \per \second}siunitx-package-06
\si[per-mode=fraction]{\metre \per \second}siunitx-package-07

関連記事(一部広告含む)