今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. コメント(注釈) - 複数行のコメントアウト
  4. 空白 - 水平方向のスペース - quad, hspace
  5. 数式の上下に線を引く - overline, underline

文字サイズ - 相対指定と絶対指定

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) の文字サイズを指定する方法を紹介します。

文字サイズの相対指定

文字サイズの相対指定では、\normalsize を軸に文字サイズを指定します。\normalsize は文書クラスのオプションで指定した文字サイズになります(デフォルトは 10pt)。

文字サイズを指定するコマンドは以下の10通りです。

\(\LaTeX\)出力
\tiny\({\tiny ax^2 + bx + c}\)
\scriptsize\({\scriptsize ax^2 + bx + c}\)
\footnotesizeLatex formula
\small\({\small ax^2 + bx + c}\)
\normalsize\({\normalsize ax^2 + bx + c}\)
\large\({\large ax^2 + bx + c}\)
\Large\({\Large ax^2 + bx + c}\)
\LARGE\({\LARGE ax^2 + bx + c}\)
\huge\({\huge ax^2 + bx + c}\)
\Huge\({\Huge ax^2 + bx + c}\)

例えば、\large はこのように指定します。

{\large ax^2 + bx + c}

文字サイズの絶対指定

文字サイズの絶対指定では、変更するサイズを具体的にしています。

\fontsize{文字サイズ}{行送り}\selectfont

使用例

それでは「文字サイズの絶対指定」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

\fontsize{10pt}{0cm}\selectfont
文字サイズ 10pt、行送り 0cm

\fontsize{12pt}{1cm}\selectfont
文字サイズ 12pt、行送り 0.5cm

\fontsize{15pt}{2cm}\selectfont
文字サイズ 15pt、行送り 1cm

\fontsize{15pt}{0cm}\selectfont
文字サイズ 15pt、行送り 0cm

出力

font-size

関連記事(一部広告含む)