今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. ベクトル - vec, bm, hat
  5. SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方

黒いボックス - rule

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) で、四角の黒いボックスを出力するコマンドを紹介します。

黒いボックス(rule)

まずは、array環境の出力方法をみてみましょう。

コマンド
\rule{幅}{高さ}横の幅と縦の高さを数値で指定します。
例えば、\rule{10mm}{5mm}
\rule[位置]{幅}{高さ}幅と高さに加えて、黒いボックスの位置(y方向)を指定します。例えば\rule[20mm]{10mm}{5mm}

使用例

それでは実際に黒いボックスを出力してみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

AAAA \rule{10mm}{5mm} BBBB \\

AAAA \rule[2mm]{10mm}{5mm} BBBB \\

AAAA \rule[-2mm]{10mm}{5mm} BBBB \\

出力

rule-01

このように指定したサイズの黒いボックスが出力されます。位置を指定した場合はその分、ボックスの位置がy方向にずれます。

関連記事(一部広告含む)