今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 自動的に括弧の大きさを調節(拡大) - left, right
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. そのまま出力できる文字と特殊文字
  5. プリアンブル

自動的に括弧の大きさを調節(拡大) - left, right

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) で、自動的に括弧の大きさを調節(拡大)する方法を紹介します。

自動的に括弧の大きさを調節(拡大) - left、right

自動的に括弧の大きさを調節(拡大)するには次のコマンドを使います。

\left
\right

コマンドの後ろに括弧(丸括弧、角括弧、波括弧)を指定します。

例えば、左の角括弧を使いたい場合は

\left[

このようにコマンドの後ろに続けて角括弧を付加すれば、OKです。

使用例

それでは「自動的に括弧の大きさを調節(拡大) - left、right」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

a \left[
b \left\{
\frac{1}{2} \left(
c ( d + e )^x
\right)
\right\}^{\frac{y}{z}}
\right]

出力

\[ a \left[ b \left\{ \frac{1}{2} \left( c ( d + e )^x \right) \right\}^{\frac{y}{z}} \right] \]

このように数式に応じて、括弧の大きさが自動的に拡大されます。

関連記事(一部広告含む)