今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. コメント(注釈) - 複数行のコメントアウト
  4. 空白 - 水平方向のスペース - quad, hspace
  5. 数式の上下に線を引く - overline, underline

絶対値 - abs

スポンサーリンク

ここでは\(\LaTeX\)で、絶対値を出力する方法を紹介します。

絶対値

絶対値の表示にはパイプ「|」がそのまま使えます。

コマンド出力
|x|\(|x|\)絶対値
\left| \frac{x}{y} \right|\(\left| \frac{x}{y} \right|\)分数の絶対値には \left \right と併用
「|」の長さを自動的に調節してくれます。

あるいは、mathtoolsを使うとabsコマンドを使うことができます。

具体的にはプリアンブルに次のような記述を行います。

\usepackage{mathtools}
\DeclarePairedDelimiter{\abs}{\lvert}{\rvert}
コマンド出力
\abs(x)\(|x|\)絶対値
\abs[\Big]{\frac{x}{y}}\(\left| \frac{x}{y} \right|\)オプションで「|」のサイズを指定することもできます。
サイズの指定方法は「括弧の大きさを指定」をご覧ください。

使用例

それでは「絶対値」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

\documentclass[a5j]{jsarticle}

% プリアンブル
\usepackage{mathtools}
\DeclarePairedDelimiter{\abs}{\lvert}{\rvert}

% 本文
\begin{document}

$$
||x - a| + b|
$$

$$
\abs{ \abs{x - a} + b }
$$

$$
\left|
\sum_{i,j} x_{ij}
\right|
$$

$$
\abs[\Bigg]{ \sum_{i,j} x_{ij} }
$$

\end{document}

出力

absolute-value-01

関連記事(一部広告含む)