今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. ベクトル - vec, bm, hat
  5. SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方

三角関数と双曲線関数

スポンサーリンク

ここでは\(\LaTeX\)で三角関数と双曲線関数を出力する紹介します。

それではひとつずつみていきましょう。

三角関数

コマンド出力
\sin\(\sin\)正弦(sine、サイン)
\cos\(\cos\)余弦(cosine、コサイン)
\tan\(\tan\)正接(tangent、タンジェント)

使用例

それでは「三角関数」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

y = \sin x \\
y = \cos x \\
y = \tan x

出力

\[ y = \sin x \\ y = \cos x \\ y = \tan x \]

三角関数の逆数

コマンド出力
\csc\(\csc\)余割(cosecant、コセカント)
\sec\(\sec\)正割(secant、セカント)
\cot\(\cot\)余接(cotangent、コタンジェント)

使用例

それでは「三角関数の逆数」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\)のサンプル

y = \csc x = \frac{1}{\sin x}\\
y = \sec x = \frac{1}{\cos x}\\
y = \cot x = \frac{1}{\tan x}

出力

\[ y = \csc x = \frac{1}{\sin x}\\ y = \sec x = \frac{1}{\cos x}\\ y = \cot x = \frac{1}{\tan x} \]

逆三角関数

出力コマンド
\arcsin\(\arcsin\)逆正弦(arcsine、アークサイン)
\arccos\(\arccos\)逆余弦(arccosine、アークコサイン)
\arctan\(\arctan\)逆正接(arctangent、アークタンジェント)

使用例

それでは「逆三角関数」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\)のサンプル

y = \arcsin x &= \sin^{-1}x \\
y = \arccos x &= \cos^{-1}x \\
y = \arctan x &= \tan^{-1}x

出力

\[ y = \arcsin x = \sin^{-1}x \\ y = \arccos x = \cos^{-1}x \\ y = \arctan x = \tan^{-1}x \]

双曲線関数

コマンド出力
\sinh\(\sinh\)双曲線正弦(hyperbolic sine、ハイパボリックサイン)
\cosh\(\cosh\)双曲線余弦(hyperbolic cosine、ハイパボリックコサイン)
\tanh\(\tanh\)双曲線正接(hyperbolic tangent、ハイパボリックタンジェント)

使用例

それでは「双曲線関数」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\)のサンプル

y = \sinh x \\
y = \cosh x \\
y = \tanh x

出力

\[ y = \sinh x \\ y = \cosh x \\ y = \tanh x \]

関連記事(一部広告含む)