今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  3. 背景に色をつける - colorbox
  4. 文書クラス(種類)とオプション - documentclass
  5. 通し番号付きの箇条書き - enumerate

組み合わせ・順列・重複順列

スポンサーリンク

ここでは\(\LaTeX\)で、ベクトルを出力する方法を紹介します。

組み合わせ

組み合わせには、下付きの添字を使います。

コマンド出力
{}_n C_r\({}_n C_r\)組み合わせ
{}_n C_r\({}_n \mathrm{C}_r\)組み合わせ(Combination)の「C」をイタリック体ではなく、ローマン体にする場合は mathrmコマンドを使います。

使用例

それでは「組み合わせ」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

{}_n \mathrm{C}_r = \frac{n!}{r!(n-r)!}

出力

\[ {}_n \mathrm{C}_r = \frac{n!}{r!(n-r)!} \]

重複組み合わせ

重複組み合わせには、下付きの添字を使います。

コマンド出力
{}_n H_r\({}_n H_r\)重複組み合わせ
{}_n H_r\({}_n \mathrm{H}_r\)重複組み合わせ(repeated combination)の「H」をローマン体にする場合は mathrmコマンドを使います。

使用例

それでは「順列」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

{}_n \mathrm{H}_r = \frac{(n+r-1)!}{r!(n-1)!}

出力

\[ {}_n \mathrm{H}_r = \frac{(n+r-1)!}{r!(n-1)!} \]

順列

順列には、下付きの添字を使います。

コマンド出力
{}_n P_r\({}_n P_r\)順列
{}_n p_r\({}_n \mathrm{P}_r\)順列(permutation)の「P」をローマン体にする場合は mathrmコマンドを使います。

使用例

それでは「順列」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

{}_n \mathrm{P}_r = \frac{n!}{(n-r)!}

出力

\[ {}_n \mathrm{P}_r = \frac{n!}{(n-r)!} \]

重複順列

重複順列には、下付きの添字と Piコマンド(ギリシャ文字)を使います。

コマンド出力
{}_n \Pi_r\({}_n \Pi_r\)重複順列

使用例

それでは「重複順列」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

{}_n \Pi_r = n^r

出力

\[ {}_n \Pi_r = n^r \]

関連記事(一部広告含む)