今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. ベクトル - vec, bm, hat
  5. SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方

場合分け - array, cases

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) の場合分けを array環境とcases環境を使って、出力する方法を紹介します。

場合分けとは条件によって、

\[ f(x) = \left\{ \begin{array}{ll} 1 & (x \geq 0)\\ 0 & (x < 0) \end{array} \right. \]

このように複数行に渡って記述する数式のことです。

それでは出力方法をひとつずつみていきましょう。cases環境の方が記述が簡単です(amsmathパッケージが必要)。

場合分け - array、left、right

まずは、array環境の出力方法をみてみましょう。

コマンド出力
\left\{
\begin{array}{ll}
値1 & 場合1 \\
値2 & 場合2
\end{array}
\right.
\[ \left\{ \begin{array}{ll} 値1 & 場合1 \\ 値2 & 場合2 \end{array} \right. \]
  • array環境を「\left\{」「\right.」を使って、囲みます。
  • 条件の「列数」は「{ll}」のところで指定します。2列なら「{ll}」、3列なら「{lll}」です。
    「l」は横の位置パラメータで、r(右)・l(左)・c(中)の3つがあります。出力をみながら、使い分けましょう。
  • 列の間には「&」を入れます。
  • 条件の行末には改行「\\」を指定します。

使用例

場合分け「array環境」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

f(x) = \left\{
\begin{array}{ll}
1 & (x \geq 0)\\
0 & (x < 0)
\end{array}
\right.

出力

\[ f(x) = \left\{ \begin{array}{ll} 1 & (x \geq 0)\\ 0 & (x < 0) \end{array} \right. \]

場合分け - cases

次は cases環境の出力方法です。amsmath パッケージが必要です。

コマンド出力
\begin{cases}
値1 & 場合1 \\
値2 & 場合2
\end{cases}
\[ \begin{cases} 値1 & 場合1 \\ 値2 & 場合2 \end{cases} \]
  • 列の間には「&」を入れます。
  • 条件の行末には改行「\\」を指定します。

使用例

場合分け「cases環境」の使用例をみてみましょう。

\(\LaTeX\) のサンプル

f(x) = 
\begin{cases}
1 & (x \geq 0)\\
0 & (x < 0)
\end{cases}

出力

\[ f(x) = \begin{cases} 1 & (x \geq 0)\\ 0 & (x < 0) \end{cases} \]

関連記事(一部広告含む)