今日の人気記事

  1. 数学記号(等号、不等号、演算子、集合)
  2. 図(画像)の挿入
  3. LaTeXコマンド一覧(リスト)
  4. SI単位(国際単位系) - siunitxパッケージの使い方
  5. 参考文献リストの作成 - thebibliography, bibitem

連分数 - cfrac

スポンサーリンク

ここでは \(\LaTeX\) で連分数を出力する方法を紹介します。

連分数(cfrac)

連分数とは

$$ 1+\cfrac{2}{3+\cfrac{4}{5}} $$

このように分数の中に分数のある数式のことをいいます。

連分数を出力するは次のコマンドを使います。

コマンド
\cfrac{}{}amsmath パッケージを使います。
コマンド「cfrac」を分母あるい分子に繰り返し何度も使うことで、連分数を出力します。

使用例

それでは「連分数」を出力してみましょう。amsmath パッケージの読み込みを忘れずに!

\(\LaTeX\) のサンプル

a+\cfrac{b}{c+\cfrac{d}{e+\cfrac{f}{g+\cfrac{h}{i+\cfrac{j}{k+\cfrac{l}{m}}}}}}

出力

$$ a+\cfrac{b}{c+\cfrac{d}{e+\cfrac{f}{g+\cfrac{h}{i+\cfrac{j}{k+\cfrac{l}{m}}}}}} $$

関連記事(一部広告含む)